とんかつの冷凍保存には何かコツがある?

とんかつを美味しく冷凍保存する方法は、ちょっとしたコツが必要です。

夕食のおかずに作って残ってしまったり、お惣菜のとんかつを保存したい場合、そのまま冷蔵庫に長い間入れて置くのは、風味も落ちて美味しくなくなってしまいます。

せっかくの美味しいとんかつは、冷蔵庫よりも冷凍庫での保存がオススメです。しかも油で揚げてある状態で保存するのがベストです。

パン粉を付けた状態の生肉よりも油で上がった状態の方が解凍しやすく、水分も出ることはありません。ここが一番のポイントとなります。

方法としては、一枚ずつラップで包み、冷凍保存バッグに入れて冷凍します。そして解凍して食べる時は、そのままラップに包んだ状態で、電子レンジで軽く温めて解凍します。

その後オーブントースターを使って火を入れ、パン粉にサックリ感を与えます。さらにキッチンペーパーにのせ余計な油を吸収させれば、揚げたてと変わらず食感の良いとんかつとなります。

このように揚げた状態で冷凍し、電子レンジとオーブントースターの二台使いで、いつでも美味しいとんかつを食べる事が出来ます。

そのまま食べても良いですし、ちょっとだけ工夫を凝らしてリメイクしておかずを作る事も出来ます。

pic1

冷凍したとんかつの解凍法とは?

おかずの作り置きが流行しています。

共働きのご家庭など、朝晩の食事の準備にかける時間をできるだけ節約できるように食材を買いだめしたり、一度にたくさんのおかずや食材の下ごしらえを準備しておく方法です。

冷凍できるおかずは、日持ちも長く大変便利です。ご家庭の食卓にあがる大抵のあげものは、冷凍保存が可能なものばかりです。

パン粉を用いるフライ料理は、下準備に時間がかかるものですが、揚げるだけの状態にしておけば調理時間を格段に節約できます。

とんかつもパン粉を使う料理のひとつです。パン粉をまぶした状態で、ラップや保存容器を用いてそのまま冷凍しておけば、食べる直前に油で揚げるだけでOKです。

冷凍しておいたとんかつを調理する際は、解凍時間が必要なのでしょうか。

油で揚げる料理では、水気をできるだけ抑える必要があります。熱い油に水を落とすとひどく跳ねるので、火傷の危険性が高まります。

そのため、とんかつは凍ったままの状態から解凍するための時間は必要ないのです。解凍をしてしまうと、パン粉など食材が含んだ水分がとけだしてしまい、そのまま揚げるととても危険です。

とんかつをはじめとしたフライ料理は、すべて冷凍した状態でそのまま油に入れて揚げましょう。

pic2

冷凍されたお肉でもとんかつは美味しく作れる?

とんかつは、冷凍された豚肉でも十分に美味しく作ることが出来ます。

我が家は一週間に一度しか買い物に行く事が出来ませんので、食材やお肉は購入したらすぐに冷凍していますが、とんかつも作りますし家族にも好評です。

作り方ですが、冷凍されたお肉は常温解凍し、解凍されたら包丁の背で柔らかくなるように叩いていきます。この時に塩コショウも一緒に振っておきます。

この後は、いつもと同じように、小麦粉・卵・パン粉の順に付けていき、油で揚げていきます。

あげる時に、あまり触らずに放っておくのがポイントで、こんがりと揚がったら、ひっくり返すと美味しいとんかつが出来ます。

冷凍されたお肉でも美味しく作るこつは、なるべく一週間以内に使い切ることと、常温解凍を心掛けることです。包丁の背でお肉を軽くたたくのも、食べやすくするポイントですので、忘れずに行いましょう。

毎日買い物に行くのはとても大変ですし、車を使用するならガソリン代もかかりますので、出来るだけ節約して、家族に美味しいご飯を作ってあげると良いのではないでしょうか。

とんかつは、残ったらかつ丼にして食べても美味しいですので、是非一人で食べるお昼のランチなどにお試し下さい。

pic3

お弁当に入れてもいい?

揚げ物の中でも、唐揚げ同様に人気の高いとんかつですが、冷凍をしてお弁当に入れることが出来ます。

朝の時間に余裕がなければ、お弁当を作るのにたくさんの時間をかけることが出来ませんが、冷凍をしておくことによって、すぐに一品として隙間を埋めることが出来ますので、最適なおかずといえます。

わざわざお弁当だけのためにとんかつを作るのは面倒ですので、晩御飯のおかずでとんかつを揚げるときに、多めに作るようにしておくといいでしょう。

とんかつを冷凍するときの方法としては、一回分ずつに小分けにしておくと便利ですので、お弁当箱に入れるサイズに先にカットしてから冷凍をすることです。

例えば、二切れずつお弁当箱に入れようと思うのであれば、二切れをまとめてラップでくるみ、ジップロックなどに入れて冷凍をすると便利に使うことが出来ます。

使う時には、一度レンジで温めてから冷まして入れてもいいですし、凍ったまま入れてもいいでしょう。

凍ったまま入れておいたとしても、お昼ご飯として食べるときには自然解凍されているので、食べやすい状態になっています。

凍らせておくことで、保冷材代わりにもなりますので、悪くなりにくくなり、安全に食べやすくなります。

pic4

ウェブサイトでおすすめのものはコレ!

とんかつを冷凍保存して、とんかつを楽しむのも良いですね。とんかつと言えば、個人的にはカロリーがけっこうあるイメージです。

カロリーを積極的に摂取して太りたいと考えている人たちの中には、とんかつを食べることを選択しようと考えている人もいるかもしれないですね。

ですが、太りたいならもっと違ったやり方もあるのです。おすすめのウェブサイトはコレです。